今回はふつうのプレイ日記です。

■さいほうに取り組む(前置き)
サブでさいほう職人をやっているのですが、Ver1.0の店売り黒字レシピがあった時代に「いっぱつ仕上げ」を繰り返してレベル30にした後、放置していました。

というわけで、さいほう職人としてまともに取り組んだ経験が無かったに等しい状態だったので、さいほう職人の今回のレベル上限解放クエスト(きじゅつしの服★2の納品)は苦労しました。

■初回挑戦
初回は、あまり情報が無いまま、Webに転がっていた手順だけを元にいきなり試してみましたが、私の場合はそれではうまくいかず、★無しの服ができあがってしまいました。やはりぶっつけ本番ではダメですね。

■情報収集
きちんと情報収集して臨むことにしました。

まず、下記に公開されていた、さいほう職人用Excelツールをダウンロードしました。製作者の方には感謝しております。

ドラクエ10裁縫シートその3 | 青の栞

こちらで、簡単な皮の装備などを複数作って練習し、ツールへの慣れを作りました。

次に、さいほう職人全般がどのようにさいほうに取り組んでいるかWebで情報収集しました。

ごく簡単に言えば、ざっくりと全体を削った後、細かく最後の方に仕上げをしているようです。全体を削るのに、「最強」「強い」の数値、細かく調整するのに「普通」「弱い」の数値の範囲を把握しておくことは必須です。わかってしまえば当然ですが、この程度のことすら抑えずに挑むのは無謀でした。

■二回目
ある程度情報収集した後、二回目に取り組みました。
使用した針は銀の針★2です。

詳細な手順までは手元に残っていないのですが、ざっくりと全体を「最強」の精神統一からの「大滝ぬい」で削ったあと、あとはあまり特技は使わずに削っていきました。

これで運良く2回目できじゅつしの服★2を作ることができました。

職人レベルの上限が解放されたと同時に、プレイヤースキルの方も向上できた気がします。今後もサクサク縫っていきたいものですね。

なお、上記のExcelのツールでは、縫いのつよさの順番がわかれば、「検討」というシートでシミュレーションをすることもできます。とても助かりますね。